低体温を改善する方法



低体温を野菜で改善しよう

 

 

低体温で悩んでいる方に、とっても良い改善方法をご紹介しましょう。それは、体を温めることです。体を温めるといっても、コタツに入ったり、ストーブにあたったりすることではありません。体の表面だけ温めても、関係ありませんからね。

 

 

さて、何で体を温めるかと言うと、それは、野菜を食べることによって体を温めるのです。毎日の食事に取り入れて、食べ続けることで、体を温め、体温が上昇すると言われています。

 

 

では、どんな野菜でも食べれば低体温を改善してくれるのかと思いきや、それが実は違います。野菜には体を温めてくれるもの、冷やしてしまうものがあります。特に夏野菜は、体を冷やすと言われています。

 

 

もちろん、体を冷やすからと言って、その野菜は悪者ではありません。例えば、夏、暑い日が続くときは、体を冷やしてくれる野菜を食べて、体調を整えることが出来ます。夏野菜は、火照った体を通常に戻してくれるのです。ですが、今は低体温を改善するお話をしているので、夏野菜は食べないほうが良いと言うことになります。

 

 

夏野菜の代表として、キュウリやトマト、レタスなどがあげられますね。低体温の方は、いくら旬の野菜が美味しくて栄養があると言っても、これらの野菜はあまり食べないようにしたいものです。
本来、旬の野菜を食べることは、栄養面で考えればとても良いことです。ですが、低体温を改善しようと思ったら、旬の野菜でも体を冷やす物は、避けなければならないと思います。