低体温を改善する方法

慢性的に体温が低い人は、免疫力が低下しますから、病気にかかり易いのです。しかも、一度かかると病気も治りにくいと言われています。

サイトトップ > 慢性的に低体温の人は免疫力が低下している

スポンサードリンク

低体温を改善する方法

慢性的に低体温の人は免疫力が低下している


体温がいつも低い人、所謂、低体温と言われている人が、体温が高い人と比べて、比較的、病気になり易いというは一般的に知られるようになりました。慢性的に体温が低い人は、免疫力が低下しますから、病気にかかり易いのです。しかも、一度かかると病気も治りにくいと言われています。


特に病気の中でも恐ろしい癌、この癌細胞は低い体温だと活発になります。 特に35度あたりですと、癌細胞が活性化してしまいます。 健康な人は36度5分ぐらいあると言いますから、36度前半でも低いほうでしょう。 私の体温はいつもだいたい36度を切りますから、低体温です。 こうなると、アトピー性皮膚炎や、不妊症、自律神経失調症、など、本当に様々な病気を招き易いのです。 また、便秘や、下痢、痔にもなり易いと聞きました。


免疫力が下がれば、体内に進入してくる病原菌に対して戦うことが難しいと言うことですから、ウィルスなどを跳ね返すことが出来なくなります。 また、ちょっとの病気でも重度になってしまう可能性があります。 当然、インフルエンザにも感染し易いでしょう。 そう考えると、体を健康に保ち、病気を防ぐためには、低体温を改善する必要があります。 私も36度5分を目標に、日々、出来ることにチャレンジしたいと思っています。


低体温を改善するために、簡単に出来る方法ってないのでしょうか? 難しかったり、面倒だったりすると、なかなか長続き出来ませんよね。 ですから、簡単な方法はないのか、調べてみることにしました。


低体温を改善する方法

MENU



スポンサードリンク