低体温を改善する方法



体を温める野菜、冷やす野菜

 

 

低体温を改善するには例えば、ぬるめの温度で半身浴をすることも良いでしょう。ぬるいお湯にじっくりと浸かることは、血行促進にもなりますよね。毎日、シャワーで済まさずに、きちんとお風呂に浸かる、これは簡単で有効な改善方法ですよね。疲れも取れて元気になれるでしょう。シャワーだけでは疲れは取れないと思います

 

 

また、低体温を改善するためには、良いことが他にもあります。それは、野菜、果物を食べることです。野菜では特にキャベツが良いでしょう。体を温めてくれる効果があります。栄養素も取れる野菜を、毎日、食べて体温を上げましょう。
また、旬の野菜は、ビタミンなどの栄養素を沢山、含んでいますから、季節に合った野菜を食べることも大切です。
生野菜は体を冷やすので火を通した野菜のほうがお勧めです。

 

 

例えば、体を温める野菜で知られているものは、有名なものではしょうが、これがありますよね。そのほかにも、ねぎ、かぼちゃ、にら、タマネギなどです。また、にんにく、赤唐辛子も良いです。
反対に低体温の人が食べないほうが良い野菜もあります。トマトや、セロリ、きゅうりやなす、レタスやオクラ、もやし、ホウレンソウなどがそうです。
これらは体を冷やす野菜として知られています。全く食べてはいけないと言うことじゃなくて、大量に食べると体が冷えてしまうようですから気を付けましょう。
もし、体が冷えてしまうと言われている野菜を食べるときは、炒め物にしたり、味噌汁に入れたりして食べると良いでしょう。